2000年11月4日
西海パールシーセンター クロスホール
(佐世保)
MENU
ルビコンの橋
ひとりぼっちのFriday Night
忘れないさ
少年
太陽が歌ってた
Spirit Of Love
Desperate Fools
Comes Rain
君にあいたい
Top To The Mountain

(En)
独り
あん日




5年越し?の念願が叶って、今回は 諸岡さんの故郷 長崎・佐世保へ。
諸岡さん自身、佐世保でのライブは10数年ぶりとのこと。
しかも、高校時代の同級生の方々が 企画・運営 その他全般を仕切ったという手作りのライブ!
会場は、西海国立公園 九十九島を見渡すイベントホール。
折りしも 佐世保の町は「おくんち」の真っ最中で とっても賑やかでした。
17時頃から、お揃いの"Moroken Club"(なんと背番号入り♪)ジャンパーを着こんで
忙しく動く人たちが・・・と思っていたら、入り口には 等身大のパネルやポスターが登場。
チケットも ステージの飾りつけも ほんとに全部が手作りで・・・何か、感激しちゃいました。


19時少し過ぎ、ライブがスタート。会場内は 立ち見も出るほどの大盛況!
地元のテレビの取材なんかも入ったりして、ますます期待感は高まるばかりでした。

一曲めは"ルビコンの橋"。 諸岡さん、ちょっと 緊張してるのかなぁ・・・??って感じでした。
でも 1コーラスが終わる頃には いつもより きらきら☆して見える諸岡さんスマイル♪
ほんとにね、客席を見まわしてる笑顔が すっごく良くって。あんな表情の諸岡さん、もしかしたら初めて見たかも。

MCでは、佐世保を出た時のことや 東京での生活のこと その中で考えてること
時が経って 変わったこと  そして変わらないこと  言葉を選ぶように話してくれました。

そして、「お袋には"angel"って曲を作ってCDにしたけど、親父には作ってなかったなぁって・・・」
そんな言葉で始まった "少年"
Toshiyaさんのギターソロから入るアレンジが 何だかすっごくカッコいい!
この歌ができる もう一つのきっかけになった 甥っ子さんは 会場に来てたのかなぁ。
聴いてたσ(^-^)の心境としては 今回のライブのメインテーマ って感じなんですけどね、この歌。

以前 佐世保に帰った後のライブで 初お目見えした曲。
あの時、こんなこと考えてたんだぁ・・・って、今日のMC聞いてて思ったのでした。

続いてはToshiyaさんコーナー♪
まずは、ToshiyaさんのMC。
・・・こんなに 普通に話すのって初めて聞いた〜!
すっごく自然でね。
言いたいことがそのまんま伝わってくる感じが
"太陽が歌ってた"の歌と同じだなって。

(ここぞとばかりに 諸岡さんはToshiyaさんにツッコミを入れまくってましたが(笑))
歌の方も いつになく声が伸び伸びしてて 聞いてて ほんとに気持ちよかった♪
で、コーラスやハープ入れながら 諸岡さんがToshiyaさんの方 ず〜っと見てるの。
その時、すご〜く優しい目、してたのが印象に残ってます。
"Spirit Of Love"も いい感じに肩の力が抜けてて 絶品! でした。

その後のMCで「歌わすかどうか迷ったんだけど」なんて言ってた人がいたけどね(笑)

"Desperate Fools"は、諸岡さんのアコギだけでスタート。
抑えた感じの歌い方で・・・ 途中でToshiyaさんのギターがかぶさっていくとことか じ〜んってしながら聴いてました。
続く"Comes Rain"は 一転して サビのコーラスをSharpに決めまくり♪
やっぱり、二人のハモりで入るアレンジ めっちゃカッコいい!
そして、「次は"君に会いたい"って歌を聞いてください!」なんてタイトルコールしたあと、
二人してギター抱えてうつむいて、そのままポーズ・・・・。
なかなか弾きださないから どうしたのかなぁ?って思ってたら なんと予定してた打ち込みの音が出ない(^_^;)
急遽 「ギターだけでやります!」って 改めて"君に会いたい"がスタート。
σ(^-^)は いつもギターだけのアレンジで聴いてたから
「打ち込み??」ってちょっとびっくり。
今回 自主制作のテープを作った話とか してたので、
きっとテープには 打ち込みアレンジのが入ってるんだろうな♪
・・・なんて、楽しみにしてしまったのでした(笑)

ラストは、やっぱり"Top To The Mountain"
この前に入ったMCは、夏頃にBBSでも聞かせてくれたエピソード。

「8月にこっちに帰ってきた時、同級生たちと飲んでて
その店にあったギターで "Midway"を歌ってって言われて・・・
今は、俺はMidwayじゃないんだ、って この曲、歌いました。」

"Midway" と "Top To The Mountain"。
考えてみれば、どっちも 道の途中なんだけど・・・でも、違うんだよね。
2曲とも 大好きな歌だけど、「今」の諸岡さん そして Toshiyaさんに似合うのは、やっぱりこの歌だと思ってる。

諸岡さんもToshiyaさんも いい顔して歌ってた。

そして、会場いっぱいのお客さんからのアンコールに応えて、諸岡さんが一人だけでステージへ。
「どうして歌を歌うようになったのかとか・・・あんまり話したことってないんだけど・・・この曲を。」
始まったのは、アコギ一本の弾き語りでの"独り"

歌い終わったあとの拍手が 何だかとっても暖かく感じられたのは σ(^-^)だけかなぁ。

ここで Toshiyaさんも再登場。
今日のライブ 最後の曲は"あん日"
「佐世保弁で歌います!」って 諸岡さんの一言。何かね、万感・・・って感じだった。
この日 ここで この歌聴けたのって すっごく幸せだったと思います。
途中で 今回の佐世保ライブを実現させた "Moroken Club" こと
高校の同級生の方の紹介が入ったりしてね。
"遠くで・・・近くで、みんなの微笑みを感じてます!" って。

満場の拍手の中、すべての曲が終了。
最後の音にかぶさるように、場内には "Top To The Mountain" のテープが流れて・・・
どっぷり余韻に浸りながら、「来てよかったぁ・・・・」って 本心から思った今回のライブでした。


←Back to Live Report Menu