2000年5月31日
マローネ
(新宿)
MENU
(第一部)
Delicated To
忘れないさ
風が痛いよステラ
ただひとつの嘘
あの店で待っててくれないか
Down Town Baby
MARIA

(第二部)
〜北の国から〜
あん日
Everytime You Go Away
少年
ルビコンの橋
Desparate Fools
独り



早いもので、諸岡さんのマローネ ソロLIVEも、復活から一年以上が経ちました♪
前回は2つのライブ会場をかけもちでハシゴ!なんていう離れワザだったので(笑)
今回が実質の「一周年記念ライブ」ってトコでしょうか。

中に入ると、まず目に入ったのがステージ上の青いエレアコ。
「すぐ弦が切れるから」と使わなくなった(笑)赤いギターに替わって
ここしばらく黒いギターを持ってた諸岡さんなのですが・・・
この日、東京では“初お目見え”のおニューのギターなのでした♪ボディの青が深くって好み(笑)

一曲めは"Delicated To"
イントロのギター、何となく噛みあってないような・・・
ん〜と、先月の四ツ谷の時のがすごく印象的だったので
そんな風に感じてしまっただけなのかもしれないけど。
アタマの中で「??」が回ってる状態で聞いてました。

そしてその違和感みたいなものは
続く"忘れないさ"でも消えず・・・。
これってギターがいつもと違うせい?それとも??
(単なる気のせいだったりして・・・・(^_^;))

"ただひとつの嘘"はアルバム "All Of My Love"から。
ライブで歌ってくれたのは久しぶりかな?
この歌聞くと、NHKの公録の時のコト、思い出すんだよね。
あの頃は、詞の意味がよくわからなかったんだけど、今なら。

ある意味、共感できるようになってしまった自分にとって、ライブで聞くには重い曲になったようです。好きな歌なんだけどね。

そしてここで、私的に本日のメインイベント(自爆)
Toshiyaさんのソロコーナー♪♪♪
何と歌ってくれたんですよぉ ( (^o^)丿
短く切ったジーンズ(笑)もお似合いで
"あの店で待っててくれないか"っていう曲を
演ってくれました〜〜。
Toshiyaさんのお気に入りの一曲だとか。
いつもコーラスでしか聞けない歌声、
じっくり・たっぷり堪能させて頂きました♪

"Down Town Baby"も、いつも以上に??気持ちいいほどハジけてくれたし(笑)
歌詞変えながら歌うんだけど、途中でわけわかんなくなって
♪◎≒ζ○◆〜〜〜〜♪♪なんて、ハナモゲラ語になってるの(^o^)
も、笑いをこらえるのが大変!!(・・・こらえなかったけど(笑))

第一部のラストは"MARIA"。前の曲と雰囲気は一変して…。ラストのギターのフレーズが、すっごくカッコよかった!
勢いがついたところで、第一部が終了。

第二部は、Toshiyaさんから「一曲、ふるさとの歌を・・・」とインストでスタート。
どこかで聞いたような…と思ったら、”北の国から”のお父さん(ゴローさん)のテーマだとか。
諸岡さんの弾くアルペジオに乗せて、高い音・低い音。追いかけあうみたいに聞こえました。

その雰囲気が続く中、ライブは2曲目の"あん日"へ。
今日のライブのテーマは「ふるさと」なのかなぁ?
諸岡さんが、時々 遠い目をしていたのが印象的でした。

続いての曲でも、途中マイクを離してアカペラで歌ったり
まるで独り言のように ぽつりと
「・・・どこに行っても同じ。長崎も 東京も一緒。
俺は、そういう風に生きていく」って言ってたんです、諸岡さん。
数日前にあったという高校の同窓会ライブで、何か感じたことがあったのかな。
・・・そんなことを考えながら聞いてました。

でも、こんなに静かな曲なのに、なぜか諸岡さんのギターの弦がまたしてもぷっつり(^_^;)
新しい楽器だからなのか「これの弦張ったことないんだよ〜〜わかんねぇ〜〜」などと言いつつ
悪戦苦闘する諸岡さんに、見に来てた客席のMAROさんから救いの手が!!
(…というより「あ〜、張るわ、オレが(-_-;)」って感じでしょうか(笑))
そのMAROさんに対して、場内は拍手喝采♪♪♪
さすがの早業で あっという間にできあがり。「これでまたMAROの株があがっちゃうよ〜」と言う諸岡さんに
「弦の張り替えで株があがってもねぇ(-_-;)」とのお答え。そりゃそうだわ(爆)

ここでMC。やっぱり、先日の同窓会でのことを話してくれました。
Toshiyaさんと2人で歌ってきたとのこと。(ちなみに3曲。Dericated to、あん日、少年、をやったそうです)
Toshiyaさんに「話せよ」なんて言いながら、結局 自分で話してましたが…。
東京に出てきて、初めてそういう会に出席したんだとか。
時間にして約20年。諸岡さんにとって、それは長かったんでしょうか。それとも?

"少年"も、ライブで聞くのは久しぶりだったように思います。
σ(^-^)的には、この3曲を「ふるさと三部曲」と勝手に名付けているのですが(^_^;)
やっぱり諸岡さんの思い入れが違うのか、どの曲も深いところに響く歌ばかり。
特にこの歌は感情移入度が高いんだよね。。
みんな、似たような思いを経験したことがあるんじゃないかと思ってる。

"ルビコンの橋"が終わったあと、慣れないウィスキーのためか???
Toshiyaさん、ライブ中だってのにトイレへGo(笑)
で、その間 急遽?諸岡さんが一人で"Desparate Fools"をコピー。
もとの歌を誰が歌っているのか知らないのですが(そのへん疎いので…)←Eric Carmenでした。諸岡さん、ご教示感謝♪
言葉と音の流れがきれいで、すっごくいい曲だなぁ…っていうのが素直な感想。また聞かせて欲しい…。

そして、今日のラストの歌は"独り"。この歌は、やっぱりライブの最後に聞きたい!!改めてそう思いました。
これ聞くとね、ん〜…何と言うか…上手く表せないんだけど、「次」を信じられるような気がして。
4月には、ほぼ週に一回のペースで諸岡さんの歌、聞けてたので
月に一回のペースに戻った今回、なんだか次がとっても待ちどおしく思ってます。
でも、必ず「次がある」って信じていられるのが今は幸せかな。ずっと、そう感じていたいと思ってるけど、ね。

今回の月刊Toshiyaさん(笑):第一部で半ズボン?着てたToshiyaさん、なんと第二部ではお召し替え〜〜〜♪♪♪(笑)

←Back to Live Report Menu