2000年3月1日
CLUB APICA
(阿佐ヶ谷)


モロオカケンジ(なぜかカタカナだった)with BAKE OVEN

ギターのTOSHIYAさんとドラムのTAKAさんのユニット“BAKE OVEN”と一緒に、BANDらしい音、聞かせてくれました♪

MENU
ルビコンの橋
Delicated To
ステラ
MARIA
独り

  今回は 初めての会場♪ということで かなりワクワクしながら阿佐ヶ谷へ。
  チケット裏の地図を頼りに会場へ…でも、迷うほどの距離ではなかった(笑)
  “アコースティックナイト”と題されたライブ。4組出演する中で、諸岡さん達は2番目の登場でした♪

 まず、TOSHIYAさんがギターを手に登場。
 絞りだすような音のソロ。最初の音から 後を期待させてくれました。
 ギターって、人の声みたい。「歌ってる…」って感じました。
 その音が響く中、ドラムのTAKAさん、そして諸岡さんがステージへ。
 なんか…えらく渋い…出から、期待充分!!
一曲目は"ルビコンの橋"
TOSHIYAさんがコーラス。
久しぶりに、高音部を聞いた(笑)
声質の相性がいいのかな、かなりハマってました。
いつもより会場も広いので、ドラムもちょうどいい響き加減♪
(マローネだと ちょっと響きすぎちゃうんだよね(^_^;)<ドラム)

ここで、本日初めてのMC。初の会場ということもあって、いたってまじめ…
…でも、なかったかな(笑)
主に TOSHIYAさんに話題をふって、しゃべらせようとしてました(笑)
(TOSHIYAさんとTAKAさんのユニット"BAKE OVEN"の名前の由来とか・・)

続いて、"Delicated To"…久しぶりに聞いた気がします。
諸岡さんのバラードの中でも お気に入りの一曲なので、
いつもと違う空気の中で聞けたのが幸せでした♪
TAKAさんと一緒にやるのは今回が初めてだって言ってたけど、
とてもそんな風には思えなかったなぁ。
バンドの音と、諸岡さんの声がいつになく融けあっていたような・・。

MCでは、TAKAさんが自己紹介をしてくれました♪(関西弁だった…)
で、ナゼか年齢の話になったんだけど、諸岡さんは一人
「俺、25歳なんで!!」と繰り返して、一部客席の爆笑をかってました(笑)
(や、でも知らない人が聞いたら本気にするかも…<25歳)

あと、"MARIA" の時のギターがすっごく好みだったんですよね〜♪
また、ぜひぜひこのユニットでの音、聞いてみたい!って思いながら聞いてました。

個人的にべースの音が大好きなんだけど、
今回、TOSHIYAさんが結構低めの音も
きっちり出してくれてたので
すっごく心地よかったです〜♪
ベース抜きのユニット編成だけど
重いトコは重く、熱いトコは熱くて
最高にかっこよかった〜〜〜!!


「十六茶」のCMソングなどを交えながら(笑)のMCのあと、
本日のラストナンバー"独り"
この時の、横から差してるライトが すごく雰囲気出してて・・・
アレンジもよくって、かなり歌の中に入りこんでしまいました。
(ちょっと気が散ってしまう要因があったのが残念だったりする…)
"独り" って、こんな歌だったんだなぁ・・・。
上手く伝えられないけど、そんなことを感じながら聞いてました。

ライブって、本当にナマモノなんだなぁって思うのね。
同じ曲、同じ歌でも、毎回違った雰囲気や表情を見せてくれる。
その場の空気を、ぎゅっと閉じ込めたみたいな気持ちを残してくれる。

もっと、いろんな場所で諸岡さんの歌が聞いてみたいな。

←Back to Live Report Menu