2014年4月30日
龍坊
(自由が丘)
MENU
(第一部)
風の中のストーリー
MOONLIGHT SURPRISE
素顔
君にあいたい
ずっと
Endress Road

(Interval)
Delicated to
Heart to Heart

(第二部)
Eternity
戻れない夏
ルビコンの橋
体より心が
忘れかけた空
抱きしめながら

(En)
あの日


結構あちこちでLiveがあったのに全然行けず(・・。)ゞで2年ちょいぶりの諸岡さん〜!
昔から「降雨確率」の高い諸岡さんのLiveですが、今回も期待を裏切らずかなりの雨。
20人も入れば満員になってしまいそうな、距離の近さが嬉しいライブハウス。駅からも近い(笑)


本日の構成はこんな感じ。

Key:河野敬三さん(T-SQUARE)。

Guiter&Bass:斉藤"TAK"貴之さん。

そしてアコギを抱えた諸岡さん。




目が合った途端、えらい驚かれました。ま、久々だもんね。
一応、ちゃんと情報もラジオもチェックはしてます(笑)

「ピックがなーい」などとゴソゴソしつつ、「かんぱ〜い♪」の一言でライブがスタート。
初めにメンバーのお2人を紹介されたのですが、河野さんのお名前のあと"Truth"を弾いてたよーな?

音の鳴り始めの第一印象は「あれ、音が上から降ってくる(・・。)ゞ」
アンプが上にくっついてるのが見えてなくて、ちとびっくり。

Vo+G&Key&G、の3人編成は前にも何度かあったけど、
やっぱり弾く人が変わると音が全然違うんですね。
Gの斉藤さん、独特の音・・・というか弾き方するなー。
Bassっぽいな〜。
・・・と思ってたらベーシストの方だったんですね、納得。
それから諸岡さん、なんだか声の出し方が少し変わった?
単に場所が違うせいかもしれませんが、何となく響き方が。
あと、フェイクが多くなったよーな。
聞いてて楽しいヽ(゜∀゜)ノ

続く2曲目、"MOONLIGHT SURPRISE"。懐かしい!
ちょっと硬めのピアノと、柔らかい響きの河野さんのコーラス。
曲に似合ってて、ほわほわ気持ちいい。

MCは相変わらずのgdgdっぷりがむしろ微笑ましい!
メンバーやお客さんをイジり倒・・・
してるつもりがイジられっぱなしなトコとか。
次の曲に移るとき、諸岡さん:「これKey何??」斉藤さん:「・・・カポ2」とか。
何年か前に、まったく同じ光景を何度か見てますがホントにもう(笑)

"素顔"は1st Albumからの1曲。
イントロのKeyソロ、すごいきれい!
さっきより柔らかい音。エレピっぽく聴こえたけど変えてたのかな。
そして諸岡さんの声。
さっきまでの空気を一気に変えてしまうあたり、やっぱりすごい。
懐かしめの曲、改めて聴くと、今の声に似合ってるなー、と思うです。
ラスト近く、Keyソロの途中でGの弦が擦れてキュキュッ、って鳴ったのが狙ったのか偶然かわからないけど大ハマリ。

これだからLiveって好きなのだ。


今日はあちこちでブルースハープ吹いた諸岡さんですが、小ネタ・・・じゃない本人曰く「技」がツボって笑いこける河野さん。
諸岡さん、ことあるごとにそのネタ(ネタ言うな)を使いまくる諸岡さんと、表情&目線も含めて鋭いツッコミの斉藤さん。
曲が終わるごとのMCは・・・も、涙出そう。メンバー変わっても変わらない相変わらずっぷりに(笑)

さて、セトリは"君に会いたい"から"ずっと"へ。歌ってるときの表情、やっぱりいいですね♪
昔から、顔をずーっと見ながら聴いてるっていうのが苦手なので、あちこち視線を泳がせてることが多いのですが
今日は目の前がKey。河野さんの鍵盤を弾く手の動きがあんまりきれいで、気づくとボーッと鍵盤を見つめてたり。
これもまたLiveの醍醐味。だからLiveって好きなのだ!(2回目)

2年後、ホールでのコンサートをやろう!ということで色々と準備をされているとか。
「お客さんを今日の・・・○○倍だー!」・・・あれ、このやり取り。むか〜しマローネでもよく聞いたなぁ。
2年後ってことは30thだよね。うん、楽しみにしてます!

そして、大好きな"Endress Road"。"Endress Dream"って紹介してたけど。
ラスト、Keyの音がオルガン?ストリングス?に 変わって、硬めのGの音と合わさって気持ちいい。
熱いけれど、どこかふわふわした音の余韻の中、第一部が終了。

2stageが始まるまで、しばしの休憩タイム。諸岡さんがお客さんたちと談笑する中、なぜか河野さん1人が
Keyの前に1人ぽつね〜んと座っていらしたり。何と言いますか、ほのぼのさんだなぁ、この方♪

そうこうするうちに、諸岡さんが「俺、歌っていい?」とギターを抱えて前へ。
ブルースハープのイントロ。"Delicated to"、Liveで聴くのはすごい久しぶり。
これ聴くと、前に行った佐世保の風景を思い出すですよ。
友達と2人で、西海でこれ鼻歌しながら海見てたな〜。

そのまま曲は"Heart to Heart"に繋がり。
Intervalとは思えない充実の2曲でした。

「あー、気持ちよかった!」と言いつつ、本編第二部がスタート。
ギターを手放し、マイクを持つ諸岡さん。
MCに入るたびに、河野さんがミキサーをちょこちょこと調整されていたのですが
諸岡さんが唐突に歌いだしたり、また話し出したりするので大変そう(笑)

1曲目は"Eternity"。 映画「北斗の拳」ユリア篇のテーマ曲として作ったのだそうで。
知らなかった〜。だから「7つの星に〜」って歌詞なのね。
残念ながら映画は製作されなかったそうですが、いい曲なのには変わりない!
これもまたピアノのイントロがきれい。
ギターを離してるときの諸岡さん、手が語るんですよね。それ見てるのが好き。

曲が終わり、再びギターを抱えると何故か歌いだしたのは"Stand By Me"。
アドリブだったらしく、メンバーのお2人は目をぱちくり。
即興で合わせる河野さんと、笑いながらギターを降ろそうとする斉藤さん。
降ろしかけたところで、"戻れない夏"のフレーズがスタート。
斉藤さん、ギターを抱え直し、戻してきたか!という顔をされてました。
こういうのってライブハウスならでは、ですよね♪

続くMCで、いきなり話題ふられてちと驚きましたが(ボケっと聴いてたので )
日詰さんのこと、話してくれてありがとう。もう10年以上経つんだね。
生きてるうちが花なんだぜ?と歌った方も逝かれましたが
Jack Bitesの曲もちょこっと歌ってくれたり、すごい嬉しかったな〜。
TMが30thで色々話題に乗りますが、彼のことも思い出す人がたくさんいますように。

"ルビコンの橋"、MCを挟んで"体より心が"
MC、お客さんの1人をイジり(過ぎて収拾がつかなくなって)おられましたが(笑)
少々アップテンポなこの2曲、斉藤さんがベーシストだということに改めて納得!音が厚い厚い。
アコースティックでも、これだけ厚い音って出るもんなんですね。

そして、今日は小学校の同級生だった方がいらしてるとのことで・・・思い出話を色々と。
話の流れが次の曲に繋がり、"忘れかけた空"。お兄さまと作ったという、思い出の曲ですよね。
イントロは即興?で語り歌い。このあたりから場内の温度が上がったの、気温だけのせいじゃないような。

それを冷ますように、静かなピアノで始まったのは"抱きしめながら"
名のとおり、ギターを抱きしめるように歌っていたのが印象的。

曲が終わるとほぼ同時にアンコールの拍手。
MCで桑名さんの話題、そして曲は"あの日"
これ歌うなら、ベースじゃなきゃ!と斉藤さんはオレンジのベースに持ち替え。
弦を弾いた最初の響き。あ、この音好きだなぁ。強くって柔らかい。
幼なじみさんがいらしてるし、「あん日」で歌うかな〜?と思ってたのですが・・・最後まで出ませんでしたね。
最初に「あん日」で歌ったとき、BBSで桑名さんがレスされてたのを覚えてる。未だにかぶりますね、どうしても。
聴きながら、頭の中に色々なシーンが浮かんでは消え。きっと今日のLiveのことも、その1つに加わっていくわけで。
うん、やっぱりLiveっていいですね。何とか時間作ってまた行こうと思います!
エネルギーいただいた夜でした。ありがとう&お疲れさまでした!


←Back to Live Report Menu