2016年12月16日
BOOGIE STOCK
(新代田)
MENU
(第一部)
Ribbon in the sky
Don't know why
Greatest love of all
Everytime You Go Away
風の中のストーリー
Eternity

(第二部)
I can't make you love me
The water is wide
Yesterday once more
Lovin'
忘れかけた空
The Rose
(En)
Deperado
ずっと


「忘れかけた空の下で」と題されたLive。
本日のLiveメンバーは、お久しぶりの梅村仁さん(Gt)&初めましてのFUZUKIさん(Vo)。
なかなか聴けない組み合わせ♪ということで、実は告知出てからずーっと楽しみにしてたのです。

いそいそと初のBOOGIE STOCKへ。…井の頭線なんて何年ぶりに乗っただろ(・・。)ゞ。
何かちょっとだけ、懐かしのMARONEに似た空気感。
お店の一角にマイクが3本、ギターも3本。
そしてフラット+えっらいフロアと近い。
最前列は近すぎて躊躇し…た結果、ほぼ視界が死角に(笑)

20時過ぎ、まずは梅村さんとFUZUKIさんでLiveがスタート。
しっとり柔らかいギターの音色、そして素敵な声にうっとり。
Stevie Wonder、Norah Jones、John Benson…と
英語曲のカバーを3曲。
MCではお2人と諸岡さんの共通項、学院のことに触れながら
"Greatest love of all"の詞の意味を話されていて、
言葉はわからなくても「そのつもり」で聴けてしまう不思議。
自らのうちにあること、なのですね。

ここで、フロアにいた諸岡さんが合流。
思わぬところで繋がった昔馴染みの方がいらしているそうで、
3人+その方も席から会話に混ざったり…で、話が弾みまくって歌が始まらない(笑)
何か温かくていいなあ、この雰囲気ヽ(゜∀゜)ノ
演奏前なのに手がお留守だな〜、と思ってたら案の定、で、久々に名曲"The Tuning"がお目見えしたのもご愛敬かと♪

諸岡さんが入っての1曲目は"Everytime You Go Away"
2人のGが合わさって、同じアコギでも音って違うんだなー、と感じたり。
そしてコーラスがすごくきれい!女性の声が加わるのって、Liveではすっごい久しぶりに聴いたかも。
HALKOさんとご一緒された時とか…MARONEで飛び入り的なセッション、くらいじゃないかなあ。
何でも今日のリハで「やってみようか」って合わせたそうですが、それでこんなにきれいな響きが作れるんですね。
…で、諸岡さん。言わなきゃ(&顔に出さなきゃ)わからないですコードミス(笑)

MCの様子だと、今日は結構リラックスされてるような。表情がね、何とも楽しそうで。
続いては手拍子+FUZUKIさんのタンバリンでリズムを取りつつ、の"風の中のストーリー"
梅村さんはEGに持ち替え、途中から音や声が重なって曲の温度が変わっていくのが聴いてて楽しかったです。
間奏のフレーズ、かっこよかったな〜。"Treasure"で弾いてらしたのも梅村さんなんですね。
そういえば佐世保Liveの時もご一緒されてましたっけ。

劇団時代の仲間が高橋克実さんで、という話題で盛り上がり。
次はFUZUKIさんパートがないそうで「2人で愛し合って!」とフロアへ。
じゃあ一部最後の曲を、と"Eternity"
ほんと毎回思うけど、諸岡さんって歌ってる時とMCのギャップ大きすぎ。
最初のひと声で空気作っちゃう。すごいですよね。
はじめは諸岡さんのアコギだけ。
その音と歌をじっと目を閉じ、EGを抱えて聴いている梅村さん。
途中から梅村さんのギターが加わり…
控えめなようで、でも深く響いてくる音。
最後に伸びていく声の響きが柔らかくて、最近聴いた中では一番好きかも。
私が単にアコースティック好きだからかな(・・。)ゞ
幸せ〜、と余韻に浸る…間もなく最後の一言でオトしてくれましたけど(´・ω・`)(笑)

少しのインターバルを挟んで、第二部がスタート。
FUZUKIさんがヴォーカル、梅村さんと諸岡さんがギター。
数曲続けてギタリスト(?)な諸岡さん、というパターンは初めて!
いつになく緊張した面持ちに見えたのは気のせいでしょうか←
次の曲では、何とギターソロも担当されるということで、FUZUKIさんのMCの間、振られるまで無言。
合間にゴソゴソとキーを確認してみたり、ボソボソブツブツと「ソロ…」とつぶやいてみたり。
そして振られて口を開いたのはいいけれど、話が微妙に流れに合ってない(笑)聞いてなかったなコレは。
話題がコロコロと変わりながら続くMCタイム。諸岡さんの緊張をほぐそうというお心遣いもあったようで?
みごとにFUZUKIさんが元に戻して"The water is wide"。間奏のソロ、思わず手に汗握って聴いちゃいましたよ。
見せ場?が終わって緊張も…と思ったら、次も頑張らないといけない曲なんだー!と"Yesterday once more"へ。
…だから諸岡さん、言わなきゃ(&顔に出さなきゃ)わからないって間違いは(笑)
「みんな歌った!?歌ってくれないと俺が誤魔化せないじゃん!」なんて、終わったとたんに表情が緩んだのが何とも微笑ましい♪
かなり緊張してたんですね?終わったら話も急に弾みだしたし。
話しながら突然J-WALKを弾き語りしてみたり、いつもの諸岡さんに戻った(笑)
FUZUKIさんもおっしゃってましたが、こんな風にさらっと歌う時でも別人になるよねえ。

そして唐突に「行きます!諸岡ケンジ!」と雄叫んで"Lovin'"のイントロ。
周りが一瞬「??」ってなったのがわかったのか、
「あ、僕は意味ないトコから入るから。脈絡がないから!」などと一言。
…うん、大丈夫慣れてるし←

とは言え、やっぱり最初の一声で空気は一変。
ライトの彩度まで変わったように感じるくらい。
3人の声が重なって、G2本だけの編成なのに音の厚みがすごい。
梅村さんの弾くEGの音、元のアレンジに忠実なようでもっと複雑で。
何ともオトナな"Lovin'"でした。少しだけテンポもゆったり、だったかな?

今日のライブのきっかけは3人で飲んだ時に「やろうやろう」って話になって、
色々あって日程が変わって…ということらしいのですが、
きっと、そんなことも含めてすべて巡り合わせなんですねー。
歌に因んだライブタイトル「忘れかけた空の下で」。
諸岡さんが考えたのかなーと思っていたら梅村さんのご発案なんだとか。

イントロ部分、即興?でメッセージを歌い込みながら"忘れかけた空"
この曲を歌う時は気合いが入るのだそうで…。それだけ思い入れのある一曲、ということでしょうか。
勢いを増す諸岡さんの声と、さっきより心なしか鋭い音のEG。コーラスでかぶさるFUZUKIさんの声。うん、かっこいい♪
やっぱりね〜、諸岡さんは歌ってる時が一番カッコいいです。(いや、もちろん普段もカッコ…大好きですが!)
ラスト1曲、"The Rose"は、FUZUKIさんから諸岡さんへ、歌い継ぐように声を繋ぎ。
Wヴォーカルでの諸岡さんのLiveなんて滅多にないし、これは今日一番の貴重品だったかもしれない。

ここで第二部は終了でしたが、そのままの流れでアンコール曲に突入。
あ、この音は…と思ったら、やっぱり"Desperado"でした。これ大好きなので、梅村さんの音+お2人の声で聴けて幸せ。
ふわり、と閉じた最後の音が次のイントロに繋がり、「皆さんがいつも幸せでありますように」、と"ずっと"
いつもより少しスロー。そして、何とも言えない優しい顔&声だったのは、もしかして一番聴かせたい人がいたから?
恒例のラララ♪のフリ、フロアにいらしていた元教え子さんが呼ばれ、マイクを持ってお手本役に!
皆さん、こっちまで笑顔になってしまうような、いい表情をされてて…。
そんな幸せであったかい空気の中、本日のLiveは終了。
いつもと少し違う音と、いつもと同じ笑顔と。
そしてこの日は、思いがけない方たちにもお目にかかってご挨拶させていただくことができヽ(゜∀゜)ノ
色んなものの相乗効果で、ホコホコと幸せいっぱいな夜になったのでした。
次のLiveではバンド名も決まってるそうなので(笑)楽しみに待ってることにします。

ここ数年、あんまりLiveに足を運べなかったので、今年はそこそこ参加できて嬉しい限り。
来年も(その先もずっと!)諸岡さんの歌、聴かせていただきに参ります〜♪


←Back to Live Report Menu