2000年11月9日
マローネ
(新宿)
MENU
(第一部)
Top to the Mountain
ルビコンの橋
ひとりぼっちのFriday Night
忘れないさ
Delicated To
estrange…
少年
太陽が歌ってた

(第二部)
Desperate Fools
あん日
Spirit Of Love
MARIA
Comes Rain
君にあいたい
Top To The Mountain



佐世保から帰って3日目のこの日。何だか、すごくドキドキしながらマローネへ。
ライブが始まる直前までこんなに緊張したのって久しぶり(^_^;)

この日の一曲めは のっけから"Top to the Mountain"。でも アレンジが違う〜〜〜♪♪
何かめっちゃ渋くって、「うわぁぁ♪」って感じのスタートでした。
(でも、イントロ聴いてBEATLESの"Come Together"を思い出したのは私だけか??(笑))

いつもより、言葉がはっきり際立ってるみたい。
そう感じたのは、2曲めの"ルビコンの橋"で、でした。

テンポもギターのフレーズも、いつもと同じなのに、
歌詞から受ける印象が強いの。
何だか、動悸が止まらない…。どうしちゃったんだろう?

そして、今日初めてのMC。
予想どおり??佐世保でのことを話してくれる諸岡さん。
佐世保の皆さんの気持ちとか、空気とか
そんなものを共有させてくれました。
(でも、Toshiyaさんへのツッコミも忘れてなかった(笑))
故郷の話題から "忘れないさ"へ。
これ、パールシーで聴いてからハマってる曲なんです。
どっかのボーカリストさんが「歌の印象はMCで決まるんだよ!」と言うのを聞きましたが(笑)
"歌をとりまく空気" ってのも重要ポイントかな、なんて。

そして、"Delicated To"、アカペラに近いような"estrange…"と、一言ひとこと、言葉を区切るように歌ってくれました。
泣きたくなるくらい・・・に、深いところからいろんな「想い」がこみあげてきちゃいました。
言葉にしてしまうと上滑りするけど、ほんとにすっごく感動したんだよね…この時。諸岡さんも、もしかしてちょっと泣いてた?

MCでは、Toshiyaさんが差し出したタオルを「こんなんじゃ手拭いだよ!」とかってまたまたツッコミを入れつつ(^_^;)
今日は大学時代のお友達たちがいらしてるってことで、その頃のこととか、いろいろ話してくれました。
諸岡さんが、こんなに昔のこととか細かく話すのって珍しいんじゃないかな?
「大学時代は身体壊したり…悲惨な状態だった。何度もやめようと思って…でも…」って。
どの時にも、諸岡さんの周りには、すっごくいい仲間がいたんだなぁって。

"少年"、先月、佐世保で聴いた時とはまた違った響きでした。
(やっぱり歌の印象はMCで決まる・・・のかな???だとしたら単純なのかも、私。)
そして、第一部のラスト。
なんとToshiyaさんがトリを務めました〜ぁ♪
Toshiyaさんが、ここマローネで初めてボーカルとってから
半年・・・くらいかな?
MCとかも「いつものToshiyaさん」が現れるようになったし
ほんと、気持ちよさそ〜うに歌うんだよね、最近(^o^)

今日も、一部ラストにリラックスした"太陽が歌ってた"を聴かせてくれました。
途中の諸岡さんのコーラス、前は「コーラスのが強い(^_^;)」って思うことがあったんだけど、
今日は、もうばっちり大ハマり♪
も、毎回、楽しみでならないんだよね〜〜、この歌。どんどん変わっていくんだもん。
(それにしても、ラストにくるとは思わなかった・・・・意外〜〜〜!)

ここで、自主制作のテープの告知が入って、第一部が終了。

第二部は、これもちょっと意外にも"desperate fools"でスタート。
一曲歌い終わったところで、客席の大学の同級生の方をご紹介。
何故か、佐世保弁と山口弁??の一人漫才状態の諸岡さん。この後どうなるのかな(^_^;)と思ったら
途中からちゃんと真面目になって…何故か、同級生Kさん(仮名)がステージにあがって、マイク握って大MC大会へ(笑)
大学時代の貴重な?お話とか、夜中に鳴った携帯の話題とか(謎)、いろいろ聞かせてくれました。
でね。最近のことで、じ〜んとするエピソードなんかも。

そんな話題を受けるように、"あん日"
そして、そのままの流れで Toshiyaさんの歌う"Spirit Of Love"
ボーカルが入れ替わったのに、全然、不自然じゃなかったんだよね。
ふわっ、っていう感じで、諸岡さんの短いMCを含めて、きれいに繋がってた。
やっぱりと言うか・・・佐世保でのライブを経たあと、2人のコンビネーションが
前よりよくなってるような気がしてます。
今まで諸岡さんって、いろんな人とライブ演ってるけど、その誰とも違うような。
セッション演ってる、って感じじゃないんだよね。
お互いにやってるんじゃなくって、2人でやってる、って印象を強く受けてます。
(でも…この歌の方は、まだコーラスが少し強いかなぁ????)

続くMCでも、佐世保ツアーの話題。
みたびToshiyaさんがツッコミを入れられ・・・・(こればっかり(笑))
んで、いきなり「メキシコには携帯はないんだよ!」な〜んて一言から"MARIA"

Tuningしながら、またまたMC。
今日の諸岡さん、(…選ぶコトバは別として(^_^;))いいこといっぱい言ってたんだよね。
いい仲間と出会えたことへの気持ちと、「自分は自分でいたい」っていう想いと。
どっちも、簡単なようでいて、なかなか実行できないことなのかもしれないなぁ・・・
なんてことを考えながら聞いてました。
(う〜ん…この時、もっのすごく腹立った出来事もあったんだけど…まぁそれは置いといて)

雰囲気を変えて、"Comes Rain"(この歌もテープにして欲しいなぁ♪)
そして、"君にあいたい"
敢えてCDじゃなくテープにしたっていう話とか、ちょこっとしてくれました。

歌い終わったときにね、ほんと ボソっと「こんな俺もいたりしてね…」って言ったのを聞いて
とっても とっても感動してしまったでした・・・。

最後にもう一度、大学時代の苦しかった思い出や、その中で出会った人たちのこと
挫折もいっぱいしたけど、だからこそ今、歌っていられるって
這いつくばってでも・・・そう言いながら、今日2回目の"Top to the Mountain"
いろんな意味で、強い歌なんだね、これって。

来月は、今世紀最後の??マローネでのライブ。
次に繋がるちから、間違いなく見せてくれるよね。きっと。


←Back to Live Report Menu