2011年7月28日
Kenzi Morooka 25th Anniversary Concert2011
O−WEST
(渋谷)
MENU
All of My Love
Lovin'
風の中のストーリー
EDGE
HOLD ON!l
約束のその場所へ
ずっと
Mother
友よ
Don't Stop!Carry On!
アンジェリーナ
忘れかけた空
With
Eternity
(En)
NAKED DREAM
STAY FIRE〜マリアンヌ
MIDWAY

諸岡さん、デビュー25周年記念Liveヽ(゚∀゚)ノということで
ごそごそと事前の仕込みなどもしつつ、すっごい楽しみに今日を待っておりました♪
やっぱり雨の確率高いよね、諸岡さんのLive・・・ということで本日も雨まじり。



まずは本日のメンバー。
Dr >Atsuo Okamoto
Key >Kazuki Sakura
Ba >Kenshi Takimoto
Gt >Kazushi Ueda
   Masayuki Nakagawa
Sax >Yoji Hiruta


中に入ると、ステージいっぱいに機材!
いつもより少し広めのステージなのに、メンバー多いからめいっぱいな感じ?

そして、ホリゾントにスクリーン。
本日、場内撮影禁止でして・・・
中の写真、始まる前のコレ1枚しか><

真ん中に諸岡さん。
向かって左手に中川さん、その隣が滝本さん。
向かって右手に昼田さんと上田さん。
奥は左が岡本さん、右が佐倉さん。

ちなみに私たちがいたのは最前列ほぼ真ん中ヽ(゚∀゚)ノ
なので奥はほとんど見えてなかったり←
いーの、耳で聴くから!!

Liveのスタートと同時に、スクリーンが上昇。
ほんのりスモークが入る中、メンバーがステージへ。

そして、少し長めの赤いジャケット&黒いパンツの諸岡さんが登場♪
何かニコニコしつつアコギを抱えます。

最初の音から、さすがに厚いというか重い!
この感じ、何だか久しぶりな気がする(・・。)ゞ のは、会場が違うせいかな?響いて気持ちいいです、やたらと(笑)
1曲目、"All of My Love"
イントロがね、アルバムのアレンジにほぼ忠実だったのにまずびっくり。わわわー、って思って聴いてました。
今日はどんな選曲になるのか、いろいろ予想はしてたもののコレが1曲目に来るとは・・・。
そしてそして、諸岡さんが何かやたらとカッコいい!! いやほんとに。撮禁なのが惜しいくらい。
続けての2曲目は"Lovin'"。Bandの音もすごいけど、諸岡さんの声がすごい前に出てる(o^-')b
思わず黄色い声援でも飛ばしてみようかと思うくらい(や、飛ばしませんが)
だがしかし、やっぱり諸岡さんは諸岡さんなワケで・・・。えーと、歌詞がえらい迷子でした(笑)
間違えると舌出して笑うからバレるんですよ、と言いたいところだけど、今回は出さなくてもバレるほどでした(笑)
でも、それを忘れさせるほど?? かちょいー!って思ったのが、ラスト近くの"この命が〜♪"のフレーズ。
Liveではお馴染みの曲だけど、何だか新鮮に聴こえたのでした。

佐倉さんのKeyのソロでぐーっとトーンを落として"風の中のストーリー"のイントロ。
その音をバックにMC・・・笑っちゃいけない笑っちゃ・・・相変わらず、歌とMCが合ってないお方であります(笑)
ちょっと空気が和んだな〜、と思ったら、それを吹き飛ばすように一気に音が重なって歌へ。
このあたりの緩急が、いつもながらお見事で大好きですヽ(゚∀゚)ノ

続いては、諸岡さんのアコギ1本の音から"少年"だったのですが、この歌の時に入る
Gtの中川さんのコーラスが好きなのです、実は。なので、そのあたりに来ると中川さんばっかり見てました←

←字ばっかりだとアレなので、佐世保のMoroken Clubさんのお花なぞ。
終了後に撮ったので場所がよくないですが(・・。)ゞ

閑話休題。

ここで、諸岡さんがギターを置いてMCタイム。
会場から謎なタイミングで笑いが入ったりしてましたが
25周年記念、ということでいろいろとエピソードなどなど。
で、鳴り始めたイントロは・・・何と"EDGE"
かなり原曲に忠実なアレンジ。生で聴けるとはー!!
すでに幸せ気分でいっぱいになりつつ、乗り出して聴いてました。
詞の内容的に・・・うん、やっぱりココで出るべくしてって感じかな。

このあたりのMCは、若干の昔語り。
日詰さんの名前が出た時点で、私としては涙腺うるうるなわけで。
Liveの中で、日詰さんのお話してくれる日が来るとは思わなくて。
Jack Bitesの曲から、"HOLD ON!"だったのですが
若干のアレンジが入ってて。
イントロとラストのコーラスがきれいでね。
でも、聴きながら「何でココに日詰さんいないのかな」なんて思ってしまっていたのも事実で。
仕方ないよね、ってことでお許しくださいませ(ぺこり)

ここで一度メンバーが退場。
1人残った諸岡さん、また日詰さんのお話をしてくれました。
今度の10月でちょうど10年、ですね。

「スペシャルな人を・・・」と呼び込まれたのは、本日のゲスト。
Gtの坪井 寛さん、そしてトシヤさん。

出ると思ってなかったのでびっくり。トシヤさんのGt、えらく久しぶりに聴く気がします。
お2人を呼び込んでからも、昔と今のレギュラーラジオの話などなどが尽きない諸岡さん。
思いっきり客席のAちゃんを名指しして「あの頃中学生だったのに!!」などと(笑)
今回、デビュー当時からのファンの方、何人も見えてましたもんね♪
そして歌われたのは、今回唯一?諸岡さんの持ち歌でない"約束のあの場所へ"を、アコギ2本をバックにしっとりと。
声優の神奈延年さんに提供されたバラード。諸岡さんのブルースハープも久々だったんじゃないかな?

"ずっと"は、やっぱりちょっと他と扱いの違う1曲なようで・・・
会場から歌声が沸いて、それをモニタースピーカーに座った諸岡さんがにこにこ聴いてて。
ほわほわあったかくなる曲ですよね、Liveの中でも。
途中、ほんの1フレーズだけ坪井さん&トシヤさんがコーラス入れていて、その響きがきれいでした♪

「この3人で"T3"ってユニットでも結成しようとか言ってて!」という諸岡さん。
坪井さんのT、トシヤさんのT、諸岡さん・・・Tないじゃん。と思ったらヒミツのTがありましたね(笑)
うん、確かにそれなら"T3"だ(わかる方にしかわからないネタ)

アコギのお2人が退場し、入れ替わるようにBandのメンバーが1人ずつ紹介されてステージへ。
震災の話題から「今回、売れてないことが悔しかった。そしたら義捐金とか・・・」と、路上でチャリティのために歌ったことをMC。
でも最後には「売れる歌より、いい歌を歌いたい」と言い切っていたのが印象的でした。
知覧のエピソードから生まれた"Mother"は、いつ聴いても壮大なフレーズに圧倒されます。
今日はライトの効果もあってか、この曲を歌う諸岡さんが映画のフィルムの中にいるみたいで。
舞台は見られなかったけれど、きっと印象的に流れたんでしょうね。

ここでもう一度アコギを抱え、一昨年の病気のお話から「友に恵まれていると思います」と次の曲へ。
最初のフレーズから会場に歌え歌えと振りまくり。楽しいですねー、こういうの久しぶり(笑)
曲が終わると再びギターを置く諸岡さん。今日はマイクに専念する歌が多くて嬉しかったりヽ(゚∀゚)ノ
Jack Bitesに続いて、RDの曲から何と"Don't Stop!Carry On!"
ある意味、諸岡さんの歌で一番知名度が高い・・・のかなぁコレ(・・。)ゞ
アレンジがほぼ原曲そのままで、イントロ聴いてぶっ飛びましたよ(笑)Keyの音とか、すごすぎ!しかも手弾きー!
そしてコーラスを入れる中川さん、やたら楽しそうだったのは気のせいでしょうか♪もしやVガンダム世代?
その勢いのまま、SAXのフレーズがひたすらカッコよかったのが"アンジェリーナ"
でも諸岡さん、何でアクションがそんなに激しいんですかー。何があったんですかー、と突っ込みたくなったり(笑)

一息ついて、MCでは故郷とお兄さんのこと、上京した頃のことなど。
会場には、東京に出てきてからデビューする頃までお世話になった
バイト先の会長さん・・・という方もお見えだったそうで。

お兄さんの言葉から生まれた"忘れかけた空"
佐世保で作ったというこの歌、いつも大切そうに歌いますよね。
ラスト近くのサビ、エフェクトめちゃくちゃカッコよかったです!
中川さんがすごく楽しそうにソロ?弾いてたのも(o^-')b

続いてHand Crap!とくれば"With"なワケですが
もしかして入りのカウント、間違えた??のか、やり直しておられました(笑)
みんなでパパン♪ってやるの、楽しくて好きですよヽ(゚∀゚)ノ

そして、「最後の曲です!何だと思う?」と問いかける諸岡さん。
"Eternity"かな〜、って思ってたらホントにそうだった(ひそかに嬉し♪)
降り注ぐライトと、それをまっすぐ見上げる諸岡さん。いつ聴いてもこのシーン、大好き。

演奏が続く中、メンバーを1人ずつ紹介して、諸岡さんが先にステージから抜けていきます。
最後の音が鳴り、メンバーが退場するのとほぼ同時に起こるアンコールの拍手。
まもなく再びメンバーだけが登場し、勢いよく鳴り始めたのは・・・何と"NAKED DREAM"のイントロ。
今日の選曲のテーマは「夢」なのかな?
これも生で聴けるとは思ってなかったので、立ち上がりたいけどガマン!な状態で楽しんでおりました。
デビューアルバムのDrは岡本さんだった・・・ということで、デビュー当時のキャッチフレーズのことなどMCしつつ
「その曲を聴きたいですか!?デビューアルバムのタイトルは!?」と煽る諸岡さんと、条件反射的に応えてしまう私たち(笑)
タイトル曲、"STAY FIRE"、そしてメドレーで"マリアンヌ"
盛り上がったのはもちろん、何より歌ってる諸岡さんが楽しそうで!いいですねー、こういうの♪

何度も「今日は本当にありがとう」と繰り返しながら、本当のラスト曲は"MIDWAY"で。
聴きながら、前に・・・"Top to the Mountain"の頃だったかな。
「今の俺は"MIDWAY"じゃないんだ!」って言ってたの思い出してました。
ライトが夕焼けみたいでね。ぼーっと聴き入っておりました。

音が止まり、坪井さん、トシヤさんのお2人を再びステージへ呼び入れてメンバー全員の紹介。
ここでも何度も「ありがとう」を繰り返しながら、「これからもいい歌を作って、歌い続けます」と力強く言ってくれました。
30周年、40周年・・・なんて言ってたけど、その時にその場所にいられたらいいな。うん、ずっと聴いていたい。

全員が退場した後、ステージにはもう一度スクリーンが下りて。
そこに流れたのは、"ACTION"のPV。諸岡さん、お若い!

最後にこれ、流したのは何でかな。
そんなことを考えつつ、余韻に浸っていたのでした。

今日もいいLiveをありがとうございました!


←おまけ、開始前。
無事にお祝いお渡しできましたよー、の報告写真。
ご協力いただいた皆さまに感謝、です(o^-')b

←Back to Live Report Menu