2000年10月7日
マーキー
(江古田)


 
MENU
Have I Told・・・
あん日
G.solo〜少年
忘れないさ
Spirit Of Love
太陽が歌ってた
Desperate Fools
君にあいたい
Somes Rain
Top To The Mountain
(En)
ルビコンの橋
独り



4年とちょっとぶりの江古田マーキー。定刻を少し回った、19時半頃からのスタート。
始まったそうそう、Toshiyaさんのギターがトラブル!
幸いたいしたコトなかったみたいで、改めて"Have I Told・・・"で ライブが幕を開けました。
しっとり、っていう言葉が似合う音。この曲で始まるって、ちょっと意外だったけど・・・。
何とも言えずゆったりした空気が流れて、会場全体が和んだ感じ。

続く"あん日"も、かなりゆっくりしたテンポで聴かせてくれました。
ここって、店内が暗いせいもあるんだけど、照明の色が強いんだよね。
この曲の時は、夕焼け色のライト。
当たりが正面からだったのが惜しい!ってくらい、歌に似合ってた。
歌って、どんなシュチュエーションで聴くかによっても
すごく印象が変わるんだなぁ、ってライブに行くといつも思うんだけど
今日の"あん日"は、ほんとそれを実感したなぁ。

MCのあと、Toshiyaさんのギターソロ。
抑えめの音とフレーズがだんだん強く、激しくなっていって・・・

それが ふっ、と一瞬途切れた瞬間に 諸岡さんの声がかぶさって、始まったのは"少年"
いつの間にか、諸岡さんが立ち上がって歌ってました。
迫力あるんだけど、気負いすぎてなくってよかったなぁ♪
歌ったあと、「思わず立ち上がっちゃった・・・」なんて言ってたけど、私は立って歌ってる方がやっぱり好きかな。

でも、諸岡さんはMCで座ってしまい(笑)、"忘れないさ"のためのチューニングに余念なし〜〜(^_^;)
今回は全般的に、ゆったりめのアレンジなのかな。
間奏とか、歌の合間に何気な〜く入るToshiyaさんのギターのフレーズがめっちゃカッコいい♪
ここで入った少し長めのMCで、会場に来てた小さな男のコがいいキャラしてた〜〜(笑)
で、何故か話は諸岡さんの飼ってるメダカの話題へ。
そこで、Toshiyaさんの大ボケが発覚〜〜!「メダカって大きくなったらカエルになるんでしたっけ?」との発言で
会場の爆笑をかったToshiyaさん、さらに追い討ち!「おたまじゃくしになる前がメダカなんじゃないの…?」おいおい(^_^;)

どうなるコトやらと思ってたら、シメるとこはきちんとシメて"Sprit Of Love"
今日のToshiyaさん、すっごく声が出てる!って思いました。
何か伸び伸びしてるって言うのかな。
ちょうどよく肩の力が抜けてて、聴いてて気持ちよかった♪
で、Toshiyaさんが歌ってる時、諸岡さんがすごくいい顔してそれを見てるんだよね。
コーラス入れる時とかも、とっても優しい顔してたし・・。
あと、諸岡さんのハープにエフェクトかかってて きれいに響いてました♪

そして"太陽が歌ってた"は、イントロのフレーズがきれいだった!
Toshiyaさんって目を閉じてたり、下向いてギター弾いてることが多いんだけど
最近、顔上げて、目も開けて歌ってくれるようになりました。
気持ちよさそうに歌ってるから、聴いてる方も気持ちよくなれるのかも。

間奏ではToshiyaさんがベースラインに徹して、諸岡さんがアコギでリードとってたのがカッコよかったなぁ。

2曲終わって、諸岡さんのMC。
昔、ここで歌った頃の気持ちとか、今考えてることとか、ぽつん、ぽつんって話してくれました。
「そんな気持ちを歌った曲があります」と歌い始めたのは"Desperate Fools"
これ、うちに原曲があるんだけど、詞、見ると・・・深いんだよねぇ・・・。
"君に会いたい"の前のMCで、電話の話をしてたんだけどね。
本当に会いたい人とか話したい人からの電話を、あてもなく待ってる感じ、かな。
そんな話のあと聴いたからか、よけいに感情移入・・・(-_-)
この歌ね、やっぱり最近の曲の中でもめっちゃいい歌だよ♪
結構派手めに鳴るギターもかっこいいし、何より詞が好き♪♪♪

それと対照的なのが"Comes Rain"
鏡のこっちと向こうみたいに、つながってるトコがあると思うんだけど・・・<この2曲
諸岡さんとToshiyaさん、2人の Comes Rain Of〜♪のコーラス、すっごい好き。
コーラスで入って、最後も同じフレーズのコーラスでシメるアレンジもかっこいい〜〜!
ライブハウスでもだけど、コンサートとかだったら、絶対盛り上がる曲だと思う(^o^)丿

そして、最後の曲。
Toshiyaさんとのライブ、これ演らなきゃ終われないでしょう♪(と勝手に決めてる(笑))"Top To The Mountain"
今回聴いて、改めて。これ、やっぱり2人の曲なんだなって思いました。
音楽的にどうのこうの、ってのはよくわかりませんが
聴いててハマるかどうかってことで考えるとね、Toshiyaさんと演ってるのが一番いい。
まぁ、私が多分にToshiyaさん贔屓ってコトもあるのかもしれないけど(笑)
(でも、他のメンバーと演ってる方が好きな曲とかもあるんだよ?)

にっこり笑って、ステージから降りたお二人。
場内の熱烈な??アンコールに応えて、再登場してくれました♪

MCを挟んで"ルビコンの橋""独り"
"ルビコン・・"はね、京都で ベース入ったの聴いちゃったからなぁ(大失言)
どうしても音の厚みは負けちゃうよね。比べちゃいけない(^_^;)
伝わってくる「熱さ」は同じ。あとは、ほんと個人的な好みの問題だもん。

ラストの"独り"はね・・・反則だぁ・・・(T_T)
何で、こんなに揺さぶられるんだろう?

聴くたびに、いつも違うものが流れていくんだよね。ほんと、不思議な曲だと思う。
気が付いたら、乗り出すみたいにして聴いてました。哀しいわけじゃないのに、涙出てきちゃうし。
こうやって、言葉にすると上滑りしていってしまうけど、かなり・・・相当、感動してしまった今日の"独り"でした。
必ずまた聴きたくなる歌って、そうないと思うんだけど、私にとって"独り"は、間違いなくそんな曲です。

次のライブは、諸岡さんの故郷 佐世保。
どんな顔を、どんな声を、そして どんな想いを聴かせてくれるんでしょうか・・・。



←Back to Live Report Menu