2009年3月24日
DUO
(渋谷)
MENU
あの日の風
Lovin'
Lonely Sniper
SIGNAL
体より心が
少年
estrange…
ずっと
風の中のストーリー
SHOUT
Dreaming
クローバー
ルビコンの橋
忘れかけた空
Endress Road
(En)
With
Eternity

 お初な渋谷DUO。ドコだろうって思ったら、昔よく通ったOn Airだったんですねー。久々!
 中に入ってまず思ったのが「広い!!」うん、小バコに慣れた目にはとんでもなく広い(笑)。
 そして客席に懐かしいお顔を発見。周ちゃん…中野周一さんがいらしてましたー♪
 客電が落ちると、KeyのSE。そして青白いライトの中、メンバーが1人ずつ静かにステージへ。
 本日のメンバー:中川雅之(Gt)/上田和史(Gt)/滝元堅志(B)/岡本郭男(Dr)/佐倉一樹(Kb)。
 静寂を打ち壊すような岡本さんのスネアにバンドの音が一気に重なり、それに乗って諸岡さんが登場。
 1曲目、このイントロは…まったく予想外の"あの日の風"。まさかコレからくるとはー!
 厚みのある音とリズムに、初手から大きな拍手と歓声!
 曲は一拍置いて、"Lovin'"へ。今日の諸岡さんの声、何とも言えず色っぽい(*^^*)
 サビでちょっとハネ上げるとことか、息を吐き出すような低めのとことか…どうしたんですか今日!
 いつもより空間があるからか、音の響き方も違ってて。少しドライ&タイトな音で、この曲にお似合い♪
 続く"Lonely Sniper"では、諸岡さんのアコギが冴えまくりでした。
 そこに合わさる中川さんのカッティングと岡本さんのリズムで、緊張感も疾走感も凄い。
 途中のメンバーソロ、ベースがカッコよくてカッコよくて聴き惚れ&見惚れてました(*ノノ)
 この音、そして諸岡さんの声。最初の3曲で、今日って何か違うぞー!って期待わくわく。

 ここで初めてのMC。お初な方が多いからか?ちょっと硬めな感じ。そういう時は声が低いんですよね(笑)
 事務所を変わって初のLiveなので、自分でも気合が入ってます!なんて言ってました。
 自己紹介的な短いMCの後、"SIGNAL"をアコギだけ、サビからの歌い出しで。
 一言ずつ噛みしめるような1フレーズの終わりに、ギターをメインにバンドが重なるアレンジでした。
合間に響くキラキラしたKeyの音色が映えて、モノクロの絵に少しずつ色が加わっていくみたい。
さっきよりも柔らかな諸岡さんの声も相まって、音が止まってからも気持ちいい余韻が〜♪
そしてそんな空気を破ったのは、中川さんの鋭い音色。"体より心が"のイントロって、すごい印象的ですよね。
合間にも同じフレーズが要所要所で入ってきて、曲全体のトーンを作っているような。
いつもより少しテンポがゆっくりな分、じーっくり聴けたので余計にそう感じたのかもしれませんが…。

少しほぐれたのか?さっきよりリラックスした感じのMCでは、今日の試合で日本の優勝が決まったWBCの話題など。
チューニングなどしつつ、野球の話から佐世保のお父様の話題へ。
音楽の道に進むことを反対していたのに、諸岡さんが載った雑誌などを、小さいものまで切り抜いてスクラップされていたのを
見つけたのだそうで…。諸岡さんのこと、ずっと見守ってらしたんですね。
そしてお兄様とお子さんたちのことをぽつりぽつりと語り出す諸岡さんに、佐倉さんが柔らかいピアノの音を添えて。
甥っ子さんがこの春、夢を1つ叶えたというエピソード。
子どもたちのように夢を素直に語る、そんな自分であり続けたい…そんな歌を、という言葉。
それに合わせて、佐倉さんのピアノがいつの間にか"少年"のイントロに変わっていって…。
諸岡さんのタイトルコール、気迫のカウントから一気にフルのバンドの音。…あまりの見事さに、鳥肌立ちました。
歌う間の音は熱くて強いのに、アウトロはまたピアノと抑えめのギターの音へ。緩急自在なアレンジ、凄かったです。

ここでステージには椅子が用意され、佐倉さん以外のメンバーが一度退場。
諸岡さんは「上着脱ぎまーす!」と自己申告(笑)して、ニコニコしながらのMCタイム。
髪を切ったんですよー、なんていう一言から、パンチパーマで(←)東京に出てきたことを暴露!
そして、その頃からのことを、ある人との思い出も交えて色々話してくれました。その1つ1つが今に繋がってるんですね。
そんな想いを聴いてほしい…と、"estrange…"を、佐倉さんのピアノで。
アルバムよりも、かなり音数を増やしたイントロのアレンジ。ステージを青く照らすライトが綺麗でね。
最初、諸岡さんがつぶやくように歌い出したのもあって、ちょっとピアノの音が強く感じたんですが…進むにつれて払拭。
音の強さって、ボリュームだけじゃないんですね。声の響きは柔らかいのに、ピアノの音量に負けてないの。
静かなのに、息を呑むような空気感。曲の終盤、時折思い出したように指先で爪弾くアコギの音も何とも言えず。
うまく表現できないけれど、ほんとにいいもの、聴かせていただきました…。

ここで中川さんが加わって、"ずっと"を諸岡さんのアコギから入るアレンジで。
途中の"ラララ♪"のコーラス、まず中川さんにソロで歌わせ(笑)その後、客席にも。まーるくまとまって、ほんわり気分に。
他のメンバーもステージに戻り、東海ラジオで番組をやってまして…なんて話題で沸かせつつ、いきなりギターをかき鳴らして
"風の中のストーリー"を歌い出し、客席に振る諸岡さん。や、唐突すぎますから(笑)
気を取り直して再トライ。今度はばっちり♪で、カウントから曲がスタート。間奏のツインギターがカッコよかった!
後半になってちょこちょこ挟むMCは、だんだん崩れていくのがお約束。これもLiveの大きな楽しみなのだ。
「ライブでは初めてやるから、わかったら通だよ!」なんて一言から、岡本さんがリズムを刻みはじめ…あ、コレって。
ギターの最初のフレーズでわかりましたとも(笑)"SHOUT"ですねー♪うん、確かにライブでは初かも!
カッコいいです。かなりイイです。諸岡さんの声はえらい艶っぽいし、もー最高に(*ノノ)
演奏陣のソロも、これでもかー♪っていうくらい華やかで聴きごたえたっぷり。贅沢すぎる!
最後の音と入れ替わるように、上田さんと中川さんのギターが唸り出し、「新しく書いた曲をやります!」とタイトルコール。
新曲の"Dreaming"は、序盤から激しいビートが繰り出されるのアップナンバー。
ここまでのアップテンポって最近では珍しいかも?諸岡さんはハンドマイクで、こちらも珍しく激しめのアクションで。
最後まで一気に走り抜けて、改めてここでメンバー紹介。
最近の活動のことなどを話しはじめ…たのに、途中から何故かサボテンとその花の話になってた(笑)
花よりももっと、人の笑顔が大好きで…そんな想いを書いた曲を、とまたまた新曲の"クローバー"
あ、この歌詞好きかも。柔らかなメロディ、あったかくて素敵な言葉がいっぱい。笑顔で前を向けるような、そんな歌。
何となく空気が和らいだ感じ…からの一転、"ルビコンの橋""忘れかけた空"と畳みかけるように続く熱い曲たち。
"ルビコン〜"、何だかいつもよりテンポ早い?勢いが強くって、押し流されるみたい。
続いた"忘れかけた〜"は、同じ熱さでもまた違う温度、違う力強さ。ラスト近く、ギター2人が前に出てくるのがカッコいい!

あっという間の時間が過ぎて、ラストは"Endress Road"
これを歌ってる時の表情、大好き。語彙が乏しくて、うまく表現できないんですけどね…何とも言えない、優しくて強い目。
最後まで強さを保ったまま、Live本編が終了。諸岡さん、メンバーの皆さんが退場していく中、拍手はすぐにアンコールに変わり。
まずはメンバーが1人ずつステージへ…戻ってる最中にもアンコールの拍手が止まらない(笑)
岡本さんがソロでリズムを刻む中、衣装を着替えた諸岡さんが登場し、そのまま"With"へと突入!
ドラムだけをバックにサビを歌いつつ、Hand Crapを煽る諸岡さん。この曲はやっぱりお約束のCrap、ですもんね♪
どこか明るい音の滝元さんのベース、中川さんのハイトーンのコーラス。全部の音が合わさって、何とも気持ちいい響き!
そして、音の"止め"がカッコいいんですよね〜、この曲。迫力の音と、それがピタって止まるバランスが最高。

色んな想いを抱いて、最後の曲を…というひとことに、スティックでのカウントが重なって、ラストは"Eternity"
未来を抱きしめて…という詞が、何だか今日のLiveで感じたすべてに重なるように感じて、思わず目を閉じて聴き惚れてました。
アウトロに乗せて、メンバーの名前を1人ずつ。そして最後に「ありがとうございました!」と叫んだ諸岡さん。
時間は過ぎてしまえば終わりなのだけど、私は音と一緒にきっと「今」を、この想いと空気をずっと覚えてる。
それはLiveに参加した人だけの、贅沢な特権。だからまた、宝物-Treasure-を見つけに来たいと思います!


←Back to Live Report Menu